FXの税金申告について知っておかねばいけない事

sdfs8df8 FXで利益を得た場合、当然税金申告が必要になります。ゆめゆめお忘れのないように。FXの所得は「雑所得」と言うジャンルにあたります。

雑所得は、必要経費があれば、その金額分は相殺できる可能性があります。念のため、これらは全て税務署などで判断されますので「経費がかかっているから、申告しなくていいや。とはなりません。申告は必ずしてください。基本的に年間20万以上の収入になっていれば確定申告義務があります。税金申告を怠ると罰則が非常に厳しいです。逆に言えば、申告さえしておけば問題はありません。FXに限らず雑所得を得た場合は、確定申告に行きましょう。

さて、FXトレードの場合の必要経費ですが、「これは絶対大丈夫」と言い切れるものはありません。各税務署の判断によります。可能性のあるものとしては、FXのための書籍(勉強はいろいろ大事ですね)、パソコン、および周辺機器、ネット接続機器全般(プリンターで印刷することも時いは必要でしょう、HDDを買った、バックアップ用DVDを買った、クリーナーを買った、全て関連するものは領収書を取っておきましょう。)通信費、光熱費、家賃、なども場合によってはOKになる可能性もあります。

大事なことは、これらの領収書をしっかり細かく取っておくこと、出来ればどういう関連があったのかメモを逐一しておくとよいですね。あくまで一般論ですが、名義などよりも「本人の実際の行動」を考慮して必要経費は認められます。つまり回線名義人が自分ではないが、明らかに自分が支払いをしている場合などは、その証明を取っておきましょう。

プリンター類も「主に年賀状作りを多くしてしまった」場合も、FXに必要なプリントをしていれば、部分的に認められる可能性があります。税金は言いすぎな程の申告をしても特に問題が起こることはありません。厳しい罰則を受けるのは、「申告をしない」場合と「虚偽申告」です。

逆に言うと、多少こじつけであっても一応証拠を提出できるものであれば、証拠として提出しておいたほうがよいのです。従って、FXをやる場合には、それに関連したものの購入の領収書をきちんと取っておく、そして家計簿のように管理できるようにしておくことが大事です。非常に地味な作業ですが、外為投資攻略には粘り強い作業が大事なのです。