FXは初めて外貨預金を開始される方に大変有効

sdfsdlf8 「外貨預金」はその名の通り、米ドルや豪ドル、ユーロといった外国の通貨で預金を積み立てることを意味します。現在の日本円というのは超低金利政策の下にあり、海外の通貨のほうが日本円よりも断然金利が高い傾向にあります。そのため、金利が高い外国通貨を積み立てて、その利息を狙うというわけです。

しかし、ただ預金するだけで大きな利息が加算されるお得さが外貨預金のメリットである一方、デメリットもありますので、その点をよく把握しておく必要性があります。

デメリット

 外貨預金に付き物のリスクといえば、為替変動の影響を受けるということです。

仮に、1ドル100円の為替レートでのタイミングで10万円分を1000ドルにし、預けたとしましょう。

その後為替が変動し、1ドル99円となったタイミングで日本円に戻したとします。

そうすると預けた時点の10万円より1,000円少ない金額となり、損失が発生します。しかし、1ドル101円のタイミングで日本円に戻せば、逆に1,000円の利益を得ることになります。

つまり外貨預金においては為替の変動を見ながらタイミングを見極めて、外貨への変換や日本円への差し戻しを行う必要性があり、タイミングを間違うと損失が発生してしまいます。

引用: 金融派生商品.com

メリット

低金利な日本円を定期預金したとしても、利息はわずか年間0.3%程度、しかし安定的な上に高金利で知られる「豪ドル」なら、3%ほどの利息が期待できます。つまり10万円を日本円で定期預金して300円貰えるのか、豪ドルに換えて1年間預け入れ、3,000円貰えるかという差になるわけです。10倍近い金利差が付くというのは見過ごしにできないはずです。

FX外資なら外貨預金にかかる手数料がお得

日本円を外貨に変換する際も、逆に日本円に戻す際も、いずれも手数料がかかります。また多くの方は外貨預金を始める場合、銀行窓口での手続きを選択するものです。

しかしながら、この銀行での手続きはおすすめできません。手数料が高めに設定されていて、外貨預金での利息も低めに抑えられているため、メリットがかなり少ないのです。そこでぜひ活用して頂きたいのがFX会社と通じた外貨預金です。元々FX自体が外貨取引であり、FX業者で設定されている手数料は銀行より格段に安いのです。

その上銀行と違ってFX業者では資産が全額保全されるため(入出金が即完了のXEマーケットもそんな業者の一つです)、万が一利用している業者が破産するような事態になったとしても、資産が消失してしまうようなことはありません。また手数料が安いからこそ、為替の動きをチェックしながら小刻みに外貨に変換したり、日本円に戻したりといった調整も気軽に行えます。