稼ぐこつを脅威のプロトレーダーから学ぶ

sdfshdf8 素人で株やトレードをしている人とは、一線を画すプロトレーダー、こういった人には共通するポイントがあるのです。今回はこれを8つのポイントにしぼってご紹介します。

まず一つ目は、気分で売買しない、ということです。

負けてる人はもう少ししたら、上がるかも、とか下がるかも、とか気持ちの不安定さがトレードにも現れてしまいます。こういった期待感ベースのトレードだから、負けてしまうのです。そうではなくて、自分のFX、バイナリーオプション 戦略をハイローオーストラリアを駆使しながら作って、それに従って勝負をする、これが大事なポイントです。

次なるポイントは、ポートフォリオを確立させるということです。つまり、すっきり端的なトレードをするということです。いろいろな銘柄に手を出したりせず、すっきりとしたポートフォリオの中で、ぱぱっと判断をして行くのです。よく、仕事ができるひとのノートはキレイ、と言います。これと同じです。

3つ目は、メンタルを維持するということです。よくトレーダーはメンタルを壊すというけれど、プロトレーダーは壊しません。損失を続けて、メンタルを壊して、やけになってしまうのは、負けです。勝つプロは、負けモードになったら、そこで切り上げてしまうのです。閉店ガラガラ、です。

4つ目のポイント、これは度胸です。愛嬌より度胸。

女性トレーダーも多く、かなりの度胸をお持ちの方も多いです。どんなに高額でも、自分のポートフォリオにあえば、がっと投資する。その度胸が勝ちにつながるのです。

5つ目は、逆指し値をうまく使う、ということです。

逆指し値というのはたとえば100円で買った株が80円以下になったら、もう損してでも売る、ということです。こういったことを予め決めておくのが勝ち組。こうしておくことで、それ以上の損をさけられるのです。多少の負けを予め認めるのも、勝ち組のやりかたです。

そして次は、ストロングホールドなら損切利をしない、ということです。この株は絶対に上がると信じているひとは、もうそれを一生持ち続ける野です。こういう人は、その信念を曲げては行けないのです。ふと、気分でこれを利確したりすると、負けになってしまいます。これは、利確するなというわけではなくて、最初に決めたルールを守るのが大事ということです。

そして7つ目。ワールドビジネスサテライトを必ず見る。勝つトレーダーは、ビジネスが好きなのです。だから勝ち組のビジネスマンが見ている番組だって、見ています。相場観、流行感をもっているのも、勝ち組トレーダーのポイントです。

そして最後。24時間相場です。朝も昼も夕方も夜も相場です。ずっと絶えず相場に向かう気概が必要です。人が遊んでいる時間もひそかに、新聞、FX日記などを参考にして情報収集して相場のことを考えている。だからこそ勝ち組になれるんです。