長期投資で考えるFX

 FXの取引きでの醍醐味は、変動する為替レートを追いかけつつ、取引業者から資金を借り受けて大きな量の通貨を動かすレバレッジを使い、何回も取引きを繰り返していきながら、次々に利益を積み上げていく短期取引のスピード感にあるでしょう。

しかしながら、実はFXは、デイトレードやスキャルピングトレードに代表されるような、こうした短期的取引のほかに、長期的な投資で資産を運用することも、もちろん可能になっています。

長期間の取引きの場合には、為替変動のリスクを中心に作戦を組み立てなくてはなりません。
長期取引では、新規売買で保持した通貨を長く持ち続けることになりますので、その間に為替相場が変動して大きく下がると、通貨の評価損益に大きな含み損が生じ、それによってロスカットが発動することがあるからです。

ロスカットとは、取引業者が行う強制決済の事で、FXでは為替レートの動きによっては、無限大の含み損が生まれる可能性もありますので、そうした大きな損失、借金を顧客に負わせないために、顧客があらかじめ預けている証拠金の額にたいして、保持している通貨の含み損の額が一定に達した場合は、その保持通貨を強制的に決済し、損失を確定させて解消するのです。

これにより、顧客の損失は証拠金内で収まることになりますが、一時に大きな資金を失うことになりますので、このロスカットを受けたことが切っ掛けになり、その後の投資が回らなくなり、結果的にFXから退場せざるを得なくなる投資家も多いのです。

このような事から、長期取引の場合は、ロスカットに対しても注意を払う必要があるために、保持している通貨の含み損とロスカットまでのラインに常に気を掛け、また、条件によっては、評価損益を大きくするレバレッジの使用を控えるのも、取るべき必要な対策と言えるでしょう。

長期間の取引きでは、為替レートの変動幅も大きく取ることができやすくなるために、利益が大きく取れることが利点の一つとなりますが、もう一つ、FXで長期取引を行うと大きな利益を積み上げていくことができるポイントがあります。

それが、通貨と通貨の金利の差であるスワップポイントになります。
通貨には、それを発行した国や地域がそれぞれに設定している金利があり、FXで取引きを行う、二つで一組の通貨ペアの、その金利差の事をFXでは「スワップポイント」と呼んでいます。

このスワップポイントにはある特性があり、金利の高い通貨で金利の低い通貨を買って保持すると、スワップポイントを支払うことになり、ぎゃくに、金利の低い通貨で金利の高い通貨を買って保持すると、スワップポイントを受け取ることができるのです。

このスワップポイントは、日ごとの集計で積み上げられていき、通貨を決済した際に生産された払い出されることになりますので、このスワップポイントを狙って長期取引を行えば、例えば外貨貯金のような資産運用が可能になります。

また、通貨の両替に高い手数料を取られる外貨貯金に比べると、手数料はほぼ無料、いつでも引き出すことが可能で、小回りも聞くためにより有効的な資産運用になりえるのです。

このスワップポイントを狙った長期取引では、通貨の金利とその通貨ペアの為替レートの安定性をみて投資をするのがポイントになりますので、しっかりと見極めていきましょう。